文爺さんの日常・BMW R1200Rと共に

御隠居の日常と、愛車BMW R1200Rとの時間。

記憶

一人暮らしのスタート、川崎市の喬月荘

韓国での社会生活スタートの話から更にさかのぼって、大学に入学した時の話です。 なんか「自伝」みたいなブログになってきましたが、、。 入学のために田舎を出て初めて一人暮らしをしたのが、川崎市多摩区にあった喬月荘(きょうげつそう)という、名前だ…

映画「記憶にございません!」を見てきました。

三谷幸喜脚本・監督の「記憶にございません!」を見てきました。 映画館で映画を見るのは実に久し振りで、前に見た映画が何だったかさえ思い出せません。家族に確認して見ると「Mr.インクレディブル」あたりが最後ではないかと。とすれば15年も映画館に…

夏の終わりの藤沢

9月の第1週、当時は残暑というよりまだ真夏の暑さが続いていましたが、久々に最高気温が25℃止まりとなったこの日、所用で藤沢まで出かけました。天気も曇りでむしろ肌寒いくらいでしたが、上着を着ていても苦にならず有難かったです。 藤沢も本当に久し…

1970年代末から80年代初め、韓国での暮らし<後編>

前編からの続きです。 現地会社では経理部に配属となり、簿記の知識は全くありませんでしたので、先輩駐在員が高校の頃使ったという簿記の教科書で、複式簿記とは何ぞや?というところから始まりました。先輩は商業高校から商学部に進んだ人で、高校の簿記な…

1970年代末から80年代初め、韓国での暮らし<前編>

昔20代の半ばの4年間、韓国で暮らしていました。社会に出て初めての職場が韓国というのも中々面白い経験でした。 今話題になっている、嫌韓だの親韓だのという話ではありませんのであしからず。 新卒で入社した会社で、入社当日の4月1日付で韓国子会社…

昭和の貧乏学生の下宿生活:インスタントラーメンは必需品!(極個人的経験談)

今回は、昨日の昭和のコミュニケーション記事の続編みたいな話です。私の学生時代の笑い話なんですが、貧乏なくせに浪費癖があって計画性がない私は、ある日、次の仕送りまでまだ10日もあるのに、財布には150~200円位しかない、という危機的状況を…

今どきシニアのコミュニケーションと昔の若者のコミュニケーション

男はムラ社会への適応力が女性に比べて低いんじゃないか、と以前の散歩の記事で書きましたが、会社をやめてホッとするところがある反面、繋がりが全くなくなるのもこれまた淋しいもんです。 でも今は、ネットを使って社会と繋がれる、便利な世の中になりまし…

小学生の記憶

今週のお題「人生最大の危機」 今をさかのぼること50数年。小学校の休み時間に友人とふざけて遊んでいた私は、何故か手に裁ちばさみを持っていました。階段わきでじゃれあっていたのですが、裁ちばさみが何かの拍子で手から滑り落ちて、階段から階下へ落ち…

東京2020オリンピック・パラリンピック観戦チケット

Panasonicが大々的に東京オリンピック・パラリンピックのチケットプレゼントのキャンペーンをやっていますが、先日のSONYの記事でも書いた通り、我が家はちょうどいいタイミングでPanasonicのテレビとブルーレイレコーダーを購入しておりまして、ポイントが…

SONY製品との長いつき合い

昔からSONYが好きで愛用してきました。先日、10年来使っていたSONY製のテレビが壊れて買い換えることとなり、改めてそれを再認識しました。 電器屋に見に行った時には、今がSONYだから今度もSONY、位にしか思っておらず、とりあえずSON…

カメラは好き。でも写真のセンスは無い、、。

カメラへの憧れがずっとあります。最初はやはり親父の持っていたカメラなんですが、今となってはどこの何というカメラかもわかりません。 具体的にこれいいなあと思ったのは、高校の写真部とかの友達が持っていたカメラ。ニコンのニコマート(スーパーマーケ…

プライバシーポリシー お問い合わせ