シニアライダーの日常・BMW R1200Rと共に

シニアライダーの日常と記憶、愛車BMW R1200Rと行くツーリングの記録。

映画「2人のローマ教皇」をみてきました。

 

映画「2人のローマ教皇」をみてきました。
ここのところ邦画鑑賞が続いていましたので久しぶりの洋画です。

 

f:id:k0013293:20200110131625j:plain

参照:https://eiga.com/movie/91725/photo/

 


主演の一人、アンソニー・ホプキンスに惹かれて見てみたいと思ったのですが、とはいうものの彼を最初に見たのは「羊たちの沈黙」での、ハンニバル・レクター役で、その時の狂気の役どころがちょっとしたトラウマとなり、続編である「ハンニバル」や「レッドドラゴン」は見ていません。

ハンニバル・レクターは作家トマス・ハリスの作品の登場人物で、犯罪者ということからすると怪人二十面相やルパンのようなものだと思いますが、圧倒的に猟奇的で救いがないですね。最近でいうとジョーカーのような位置づけですかね?
著名な精神科医であり猟奇殺人犯、殺害した人間の臓器を食べる異常な行為から「人食いハンニバル」(Hannibal the Cannibal、ハンニバル・ザ・カニバル)と呼ばれている、という設定で、「アメリカ映画の悪役ベスト(ワースト?)50人」というものでアンソニー・ホプキンスのハンニバル・レクターは1位となったことがあるそうです。

 

で、この映画ですが、見る前に「イギリス、イタリア、アルゼンチン、アメリカ合作のコメディタッチの映画」という表現の記事を見たこともあり、もっと軽い映画だと思っていました。しかし実際に見てみると、上品なユーモアや軽妙な会話・場面を至る所にちりばめていますので、軽やか爽やかな印象ではあるのですが、テーマはとても重厚で、そのテーマに正面から向き合った素晴らしい映画でした。

ここからは若干内容に関わってきますが、この映画のストーリーは、本来終身職であるローマ教皇を自分の意思で約700年ぶりに辞任したベネディクト16世(アンソニー・ホプキンス)と、究極の保守派であるベネディクト16世とは正反対の考え方で、バチカン改革派のフランシスコ現教皇(ジョナサン・プライス)の交代劇と、それに至るまでの二人の対話を、史実を元に再現した、というものです。

この点では、平成から令和へという天皇の生前退位を経験した我々にはなるほどと思わせるところもあり、また教皇というカトリック世界最高の聖職者であっても、深い悩みや苦しみ、後悔を抱えているという点では、遠藤周作の「沈黙」に通じるところもあると思いました。

コメディタッチということで、あのアンソニー・ホプキンスがどういう演技をするんだろうということに興味があったのですが、高齢の宗教家同士の会話なんて退屈そう、という思いも正直ありました。
しかし何より主演二人の演技が素晴らしく、また上にも書いたように、随所にちりばめられたユーモラスでしかも知的なやり取りと、ポップスからジャズまで多彩なBGM、斬新な映像の効果もあって、あっという間の二時間でした。
今年初めての映画としてはとても満足です。おすすめの映画です。

また現職のフランシスコ教皇は先日来日されましたが、ジョナサン・プライスは実際の教皇との激似ぶりも話題となっているようです。映画の最後で実際の教皇の画像が使われているのですが、私はしばらくはジョナサン・プライスだと思って見ていました。ちなみに左がジョナサン・プライスです。似てますよね?

 

f:id:k0013293:20200110150853j:plain

参照:https://twitter.com/pherim/status/1167175072886317057/photo/1


 

 

今回の劇場は、柏にある「キネマ旬報シアター」でした。
3つの小さなスクリーンを持つ柏の老舗劇場で、予約制なし、全席自由席、開演前にはスタッフがスクリーンの前に立って上映中の注意等を口上で述べる、という昔懐かしい方式で、場内の売店にはアンパン等置いてあってホントに昔の映画館の雰囲気が残っています。でも座席は最新の座り心地のいいものに変えられていましたし、劇場は適度な広さで視聴は至極快適でした。
20年くらい前に、小さい息子を連れてポケモン映画の公開に並んで以来です。

 

f:id:k0013293:20200110153128j:plain

参照:https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%AD%E3%83%8D%E3%83%9E%E6%97%AC%E5%A0%B1%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%82%BF%E3%83%BC&sxsrf=ACYBGNSE2GvVhvsjfnB0V67nO2CDHAZ88g:1578637782233&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=2ahUKEwiKt_SBtPjmAhUHa94KHTHEDBMQ_AUoAnoECA0QBA&biw=1920&bih=888#imgrc=aM_WcrPhh2yLMM

f:id:k0013293:20200110154255j:plain

参照:https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%AD%E3%83%8D%E3%83%9E%E6%97%AC%E5%A0%B1%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%82%BF%E3%83%BC&sxsrf=ACYBGNSE2GvVhvsjfnB0V67nO2CDHAZ88g:1578637782233&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=2ahUKEwiKt_SBtPjmAhUHa94KHTHEDBMQ_AUoAnoECA0QBA&biw=1920&bih=888#imgrc=Ca4Z96dmoKkWlM

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

 

プライバシーポリシー お問い合わせ