文爺さんの日常・BMW R1200Rと共に

御隠居の日常と、愛車BMW R1200Rとの時間。

確定申告ソフトで青色申告の準備中

今年から青色申告をすることにしました。

昨年7月で会社を辞めましたが、調べてみると退職後の所得は種類としては事業収入となるようで、経費面を考えるとこれまで自分には縁がないと思っていた青色申告をするほうが良さそうでした。

青色申告とか白色申告とかサラリーマン時代には全く縁がなかったのですが、調べてみると、曲がりなりにも経理部に籍を置いたこともありますので、仕組み自体は案外簡単に理解できました。要は複式簿記の体裁を整えて申告すれば、青色納税者として、一定額が経費として認められるというものです。

とはいえ複式簿記の帳簿類を備えることはそう簡単ではなく、これまでなら税理士の方にお願いすることが一般的だったと思います。私のような少額所得の個人事業者が顧問の先生をお願いすることは現実的ではないと思っていましたが、そういう個人事業者を複数抱えて格安で対応してくれるところも結構あるようです。一足先に会社員を卒業した元同僚から、紹介するよとも言われていたので、半ばその気になっていました。

そんな時、数年前から使い始めていた「マネーフォワード」という家計簿ソフトに、データ連動が可能な「マネーフォワードクラウド」という確定申告用の姉妹ソフトがある事を知り、それならそれを使って青色申告をスタートしてみるか、という気になりました。

 

www.boon-senior.com

www.boon-senior.com

 

 

費用面で税理士の先生にお願いするよりは安い、という事がやはり大きいですが、それに加えて、時間が自由になる今経費管理を日常やることで、時間を無為につぶすことなく頭の体操にもなる、という思いもありました。
このブログを始めたのと同じ理由ですね。

 

最近確定申告ソフトも数多く出回り始めましたが、現時点では「やよいの青色申告」「freee(フリー)」そして私が使っている「マネーフォワードクラウド」が三強なんでしょうか?

 

f:id:k0013293:20191206145238p:plain

 


 

 

f:id:k0013293:20191206145300p:plain

 

 

f:id:k0013293:20191206145309p:plain

 

昨年の確定申告時期に、個人事業の開始届と所得税の青色申告承認申請というものを提出して、1月1日に遡って帳簿記帳を開始しました。 

やってみると、帳簿の記帳等は結構懐かしくて面白いです。家計簿ソフトのマネーフォワードとの連動なので、一から入力しなくて良いのは有難いです。ただ勘定科目は都度訂正が必要ですし、会社の経理と違って、家計支出も事業の支出も基本財布は一つですから、ちゃんと按分して仕訳する必要があります。
脱税の意思は毛頭ないものの、やはり節税はしたい訳ですが、会社の経理時代の習性なのかどうしても保守的になってしまい、経費計上をためらうことが多いです。

 

さていよいよ最初の1年が終わりましたので、一年の帳簿を締め切り、申告の作業が始まります。無事終わればまた報告します。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

プライバシーポリシー お問い合わせ