シニアライダーの日常・BMW R1200Rと共に

シニアライダーの日常と記憶、愛車BMW R1200Rと行くツーリングの記録。

これまでのクルマたち(3)

 

クルマ遍歴最終編です。

 

7台目のギャランΣには満足していたのですが、8台目は「フォルクスワーゲンゴルフCLi5ドア ディーゼル(シルバー)」俗にいうゴルフⅡとなりました。
ギャランΣは当時の三菱自動車のフラッグシップ的なクルマ(デボネアというシーラカンスみたいな車種もありましたが、これは三菱グループの重役用社用車としてしか生存していない感じ)で、装備も充実しておりまだまだ乗る積りでした。
では何故かと言うと、当時私は関西地区の人事担当として社員の異動等に携わっていたのですが、その頃関西から東京に異動になった若手の社員から、自分の愛車であるこのゴルフを引き受けてもらえないかと相談を受けたのです。彼は新卒入社の時からよく知っている男で、愛車であるこのゴルフでもらい事故にあい、危うく死にかけたことがあるのです。片側2車線の幹線道路で反対側車線を渡って道路右手の施設に入ろうと、ウインカーを出して停まっているところに、わき見運転の後続車がノーブレーキで突っ込んできて、その時彼を救ったのがゴルフの硬いボディーと、さらに後部座席背面に使われていた厚い鉄板だったのです。彼はこれに感激して、ほぼ全損と言われたこのゴルフを大枚はたいて修理し、大事に乗っていました。ただ今回は安月給の身で東京へは持って行けない、ついては事故の時から入院していた時にも世話にもなり、経緯を知っている〇〇さん、こいつを引き受けてもらえないですか?と頼まれたというのが経緯です。

 

f:id:k0013293:20200412212114j:plain

結婚直前、家内と四国旅行

 

譲り受けた(勿論相応の代金は払いました)ものなのではっきりとは判らないのですが、ディーゼルは正規輸入されていなかったと思います。右ハンドルでしたが並行輸入車だったんですかね?フロントグリルはGTI用の4灯に変えられていました。オリジナルは下の2灯です。

 

f:id:k0013293:20200412212655j:plain

 

ATのシフトパターンが独特で、P-R-N-DーSと続くのが普通ですが、確かNとDの間(?)にアクセルを離すと空走モードになるポジションがありました。アクセル踏んでガーッと走って(このゴルフのディーゼルはアクセル踏むとホントにガーッという気動車みたいな音がしました。)、スピードが乗ったところでアクセルを緩めるとこの空走モードで静かに走るんです。誰にも聞いた訳でもなく、正しい使い方なのかは今となってもわかりませんが、空走状態のクルマほど不安定なものはないような気もします。ホントに気動車の走り方ですよね。

 

次の9台目はゴルフⅡからゴルフⅢへの乗り換え、「フォルクスワーゲンゴルフ GLi5ドア(紺)」です。新車で購入しました。

 

f:id:k0013293:20200412215729j:plain

 

8台目のゴルフⅡには2~3年乗っていたのですが、大事故を経験した車両でもあり各部にガタも出始めていました。その間に私にこのクルマを託した男も家庭の事情で退職して田舎に戻っており、もういいかなと聞いてみたら、十分ですありがとうございましたとの返事でしたので、乗り換えることにしました。ゴルフ自体の乗り味や硬いシートの具合等とても気に入ったので、新しくなったゴルフⅢにしました。このクルマもホイールはインチアップし、扁平タイヤ、そしてオーディオを交換しました。結婚直前に、家内には事後承諾的にキャッシュで購入しましたので、さんざん結婚後嫌味は言われましたが、家内もゴルフ自体は気に入っていましたので、そう嫌味も長続きはしませんでした。このクルマを買ったのが岡山、その後転勤、転居で、横浜、習志野とナンバーは変わりました。

 

10台目は「ホンダステップワゴン タイプG(緑)」です。
元々アウトドアっぽい雰囲気が好きで、キャンピングカーを買いたいというのは潜在的にずっと思っていました。5台目のギャランGTが壊れてホンダシティを買った時も、直前まで三菱デリカ4WDを買おうと思っていました。中古で良いのがあって、値段で躊躇しているうちに売れてしまいあきらめたのですが、その時デリカを買っていればその後の愛車遍歴はずいぶん変わったような気がします。

 

f:id:k0013293:20200412224141j:plain

参照:https://motor-fan.jp/article/photo/10004062/20180502211650000000

 

 これは大人気になったデリカスターワゴンですが、丸目2灯で同様なブッシュガードがフロントについた、たしか商用バンの4WDでした。私はそっちの方が好きでしたし、リアシートは折りたためば広いスペースが出現、車中泊も楽々です。今の車中泊ブームを40年位先取りしていたかも。

 

そしてステップワゴンですが、ホンダが往年のステップバンをモチーフに作ったミニバンで大ヒットしました。パンフレットがまた遊び心をくすぐる出来で、ゴルフをガ〇バーで売却して新車で購入しました。例によってホイール、タイヤ、オーディオは交換するのですが、このクルマはその他に、往時のデリカの頃やりたかったことを思い出して2列目、3列目シートを回転対座にした時のセンターテーブル、カーテン、フロントガード、フォグランプ、ルーフキャリア等々色々付けてアウトドア風にしました。

 

f:id:k0013293:20200412224524j:plain

 

このクルマは、子育てが始まった我が家のライフサイクルにぴったりはまり、10年という長い期間大活躍してくれました。当時家内の実家は関西、私の実家は岡山にあって、年2回の帰省の時には、荷物を積んでも余裕の空間で子供たちは楽々でした。

 

そして11台目が「フォルクスワーゲンゴルフトゥーランGLi(シルバー)」です。

 

f:id:k0013293:20200416133205j:plain

参照:https://autoc-one.jp/used/detail/15073758/

 

 

10年を経過したステップワゴンがさすがにくたびれてきたのと、息子が中学に入り、今までのようにクルマで長距離の旅に出ることもなくなって来ましたので、買い替えを考えました。前にも書いた通り本当は小さなクルマが好きですので、再度ゴルフと思ったのですが、実は家内の両親が関西からウチの近くに越してきており、義父さんはそれを機に免許返納しましたので、最大6人乗れることが必須条件となっていました。となるとやっぱり国産かなあ、と色々探していてフォルクスワーゲンにもトゥーランという7人乗りの車種があることを知り、まずは中古で程度の良いのはないかと探して見つけたものです。着座位置は高く、全長も長いですからゴルフとは趣は違いますが、乗り味というか共通するところも多く、とても気に入りました。

 

 

f:id:k0013293:20200416132658j:plain

参照:https://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/13/700954001830200403003.html

 


最後に今も乗り続けている12台目が、「フォルクスワーゲンゴルフトゥーランTSIハイライン(シルバー)」です。初代のトゥーランに各所ガタが出始めて、四国のVWディーラーで展示車両としてネット販売されていたものを購入しました。地元のディーラーにつなぎもしてくれて、不自由なことは一切ありませんでした。現在7年目で走行距離約4万kmですが、まだまだ元気ですので当面乗り続けようと思います。でも次となるとやはり小さなクルマがいいですね。ポロあたりかな?

 


 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村

プライバシーポリシー お問い合わせ