シニアライダーの日常・R1200Rと共に

シニアライダーの日常と記憶、愛車R1200Rと行くツーリングの記録。

ガレージ整理が必要です。

 

娘がバイクに乗ることになり、バイク用に借りているコンテナボックスの整理が必要になりました。このコンテナボックスは4畳大の広さがありますから整理すれば十分バイク2台は収まります。あわよくば近場の足としてモンキー125でも買いたいなと目論んで、広めのボックスを借りたのですが、娘に先を越されましたのでモンキーは夢と終りそうです。でもFTRも軽量コンパクトなバイクですので、平日娘が乗れない間は拝借できます。
スペースがあると言っても、今は十分な空きがあるのを良いことに、季節物等、家庭で当面不要なものがどんどん増えてきていますから、納車までに整理・廃棄処分が必要なのです。ちょっと今は仕事が詰まっていますが、一段落し次第、年末の大掃除を兼ねてコンテナボックス整理です。

 

このコンテナボックスには私以外にも何人かバイクを保管していて、同じBMWのS1000に乗る若者と、カワサキのゼファー750の中年男性(私からすれば若者ですが)とは会話したことがあります。都会(我が家周辺はとても都会とは呼べませんが)では集合住宅に住む人が多く、バイクの保管には皆苦労しているようです。バイク用の駐輪場を用意しているアパート・マンションもありますが、盗難という面では非常に脆弱で人気のバイクを置いておくのは怖いという気持ちはよくわかります。私もこれまで2度盗難に遭いましたから。

 

まだ作業にはかかれませんが、その前にちょっと現状を確認してきました。大きなスペースを占めているのは、昔子供たちが小さい頃に使ったファミリーキャンプ用の道具類です。コールマンのガソリン式ツーバーナーやランタン、折り畳み式のテーブルや大きめのタープ、テント、シュラフ、椅子、食器、等々。バイクでのツーリングキャンプに行くようになって、ソロ用のコンパクトなものも一通りは揃えましたので、ファミリー用の出番はもうないのですが、この手のものはいざ災害時には結構活躍してくれそうなものばかりで、捨てるにも躊躇します。

 

またバイク用品も、後先考えずその時の気分で買ってしまって、結局一度も使わなかった、というものが結構出てきました。バイク用品って結構高いですから、無駄な散財をしていたのがよくわかります。若い頃に買えなかったものを大人買いという言葉に踊らされてホイホイ買っていた訳で、業界のいいカモです。

 

f:id:k0013293:20201217172853j:plain

 

御覧の通り、現状でも無理すればFTR一台くらいは収まりそうですが、まあせっかくなので頑張ってみようと思います。

 

また家庭から持ち込んだクリアボックスの中に、古い文庫本が詰まったものを発見しました。そういえば断捨離の一環で書籍を思い切って処分した時に、定年後時間が出来たらもう一度読みたいと思うものを文庫で200~300冊とっておいたんでした。昨年コンテナボックスを引っ越しましたので、その時に気付いても良さそうなものですが、気付かずそのまま一番下になっていました。
定年後に読み返すと言いながらもう一年半以上経っています。このままにならないようにこの機会に持って帰らねば、、。

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ