シニアライダーの日常・R1200Rと共に

シニアライダーの日常と記憶、愛車R1200Rと行くツーリングの記録。

R1200Rタイヤ交換

 

愛車R1200Rのタイヤ交換をしてきました。
新型コロナワクチンの接種が5月末までで終えられそうな目処が立ち、俄然現実性を帯びてきた北海道ツーリングの準備な訳ですが、ディーラーがタイヤセール中でしたので早速連絡してみると、3割引きでセール中とのことでした。パフォーマンス重視、コスト重視のどちらですかと聞かれましたが、速さを求めるライダーではなく、そんな腕もありませんので勿論コスト重視です。店長しばらく考えて、それならメッツラーのロードテックはどうでしょう?と。メッツラーは元々BMWの純正タイヤで、最初についていたのも確かロードテックですし、その後も一度ミシュランにした以外はずっとメッツラー、そして今のタイヤもそうですから、全く文句はありません。ドイツのバイクだからドイツのタイヤで良いんではないですかね。しかも提示されたメッツラーのロードテックZ8は、今履いているのと全く同じモデルです。

 

2~3日で準備できるとのことで、早速週明けの4月19日、ゴールデンウィーク入りする前にお願いすることにしました。ちょうど一年前、新型コロナの急拡大で緊迫していた頃が車検時期となり、一カ月延長してもらって車検を済ませましたが、その時以来約11ヵ月振りの訪問です。

 

www.boon-senior.com

www.boon-senior.com

 

朝10時、開店と同時に持ち込んで、作業中はブラブラ最寄り駅の方に歩いて行って、カフェで時間をつぶします。このディーラーは幹線道路沿いにあって周囲には殆ど商業施設がなく、預けて帰る時はともかく、この日のように2時間程度であがる作業という時は困るのです。店内には勿論待ちスペースもあり、モーターサイクル関係の雑誌やコーヒーなども準備されているのですが、店長たちと世間話をして時間をつぶすほど社交的ではありませんから、1時間を超えてくるとどちらがホストかわからない位気を使って疲れるのです。

 

f:id:k0013293:20210419105930j:plain

f:id:k0013293:20210419110008j:plain

 

 

雲一つない上天気でしたので、駅の方向に歩いていると、途中の家に植えられた花や雑木林の木々が青空に映えてとても綺麗で、春爛漫という感じでした。
気温も上がって来ていて、歩いていると長袖のTシャツの下にヒートテックを着ていると汗ばむほどでした。

 

f:id:k0013293:20210419170723j:plain

f:id:k0013293:20210419170748j:plain

 

最寄り駅近くのコメダ珈琲で時間をつぶします。食べ終えた後の写真ですが、アイスコーヒーにモーニングセットです。小倉トーストにも惹かれたのですが、何故かこの日は無性にゆで卵が食べたくて、トーストとゆで卵のセットにしました。
平日の朝10時過ぎですが結構な客数で、7割方席は埋まっていました。コメダ珈琲は座席がボックス式になっていて仕切られていますので、そう接触の不安はありませんでしたが、複数で来店している皆さんは陽気におしゃべりしながらコーヒーを飲んでいましたので、単独で来店している人の隣に座って正解でした。


f:id:k0013293:20210419110126j:plain

 

2時間程度で作業終了の連絡があり、ディーラーに戻りました。メッツラーはこのZ8も含めパターンが独特ですが、見慣れているせいか、R1200Rには一番似合う気がします。

 

f:id:k0013293:20210419172023j:plain

f:id:k0013293:20210419172046j:plain

 

上が使用後、下が走り出す前の新品の写真ですが、こうやってみるとかなり摩耗していましたね。丸みがなくなってしまって、扁平になっているようにも見えます。

 

私は、タイヤ交換も車検もディーラーでお願いすることが殆どで、ラ〇コランドや、2り〇かん、ナッ〇スといったところでは、タイヤ交換を一度やっただけです。コストからいえばこういった大型のバイク用品店をうまく使うのが良いのでしょうが、自力でメンテナンスする自信のない私は、もし故障とかした時は日頃からディーラーを使っていた方が何かとスムーズかなとつい考えてしまうのです。今回も最初は用品店に行ってみようと思っていたのですが、結局ディーラーにお願いすることになりました。
何の分野においても、知識・技能の持ち合わせのない人間は金がかかりますね。

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ