シニアライダーの日常・R1200Rと共に

シニアライダーの日常と記憶、愛車R1200Rと行くツーリングの記録と四方山話。

HIACE当逃げ事故の修理

 

北海道旅の最中、浜頓別の道の駅の駐車場で当て逃げ事故に遭ったハイエースですが、その後警察から犯人発見という連絡もありませんでしたから、自前でその修理を終え、やっと元の姿に戻りました。想定通りとは言えやはり釈然とはしません。

 

www.boon-senior.com

 

 

北海道から帰って来た日の夕方、家に帰る前にお世話になっている修理屋さんに寄って軽く見積もりを聞いて見たところ、ボンネットとヘッドランプは交換でフェンダーは板金、新品交換なら14~15万円かな、とのことでした。ボンネットとヘッドランプ持込みでも対応しますよとの事でしたから、ネットで中古品を手配して持ち込むことにしてその日は帰宅しました。

 

翌日から、暇を見つけては中古部品をネットで検索することが始まったのですが、人気車種で、しかもカスタムする人が多いハイエースの部品は数多く出回っていますので、その点は有難かったです。特にヘッドランプは、純正のハロゲンからLEDへの交換が人気らしく、純正品は沢山出品されていました。ボンネットも、イカツめの顔に変更する人が居るようで、割と出回っていましたので、探す苦労はさほどありませんでしたが、値段と程度のバランスを写真と商品紹介記事で見極めるのが結構大変でした。

 

結果、ボンネットはメルカリに個人出品されている方から、ヘッドランプは中古パーツ取扱業者さんから購入しました。ボンネットなどの大型パーツは個人宅への配送を断られることが多いのですが、今回は個人取引でしたから佐川が自宅まで届けてくれました。

 

 

そして、ヘッドランプ・ボンネットをハイエースに積んで修理屋さんに持ち込んだところ、ヘッドランプ割れてますよという想定外の言葉が、、。見ると確かにアクリルの隅が割れて、今にも取れそうになっています。自宅で受け取った時にはざっと見た積りだったのですが、上の写真を撮った時にも気付きませんでした。
これは中古パーツ専門業者からの購入でしたが、説明文にも「傷・汚れの無いきれいな商品」となっていましたし、写真にもこの割れは写っていませんでした。
「突っぱねられるかも知れませんが、ダメ元で交換を申し入れてみたらどうですか?」と修理屋さんに勧められて問い合わせてみたところ、意外とすんなり返品に応じてくれましたが、出荷時点まで商品に瑕疵はなかったはずなので、配送業者から連絡させますとのことで、結果保険を使って配送業者負担となったようです。
そして連絡をくれた配送業者も、この手のクレームは日常茶飯事らしく、極淡々と事務的に手続きが進み、代替品が無いので返金するということで決着しました。個人取引ならこうはいかなかったでしょうし、業者からの購入にしておいて良かったです。

 

 

再度同等品を探して手配し、修理が終わったのは北海道から帰って2週間後のことでした。中古部品代と修理代含めて、当初提示された額の1/2以下で収まり、仕上がりも上々でしたからまあ満足だったのですが、お金を払う段になって犯人への怒りが再燃しました。
因果は巡ると言いますが、知らぬ顔で逃げた犯人にどこかで報いが来れば良いのに、などと器の小さい発想が頭から消えません。

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ