文爺さんの日常・BMW R1200Rと共に

御隠居の日常と、愛車BMW R1200Rとの時間。

新橋で吉野家ライザップ牛サラダとアサイーベリージュース

久々に酷暑から解放された22日、またまた新橋です。
本来なら、昼飯は迷わずおにやんま新橋なんですが、今日は吉野家でライザップ牛サラダです。

f:id:k0013293:20190824111735j:plain

吉野家のHPより

 

何故か?
ご想像通り、糖質オーバーの対策です。
数日前に届いた人間ドックの結果報告書では糖代謝が危険水域となっており、ほぼ炭水化物のみのうどんはしばらく自主規制です。
まあ2か月くらい前から送別会、慰労会と色々お誘いいただき、それはとても楽しくありがたかったので、ある程度覚悟はしてましたが、ソウルフードのうどんを食えないのはつらいなあ、、。
 
で、吉野家のライザップ牛サラダですが、写真の通りの丼で、具材の下はご飯ではなくキャベツの千切りです。最近たまに食べますが、思ったよりボリュームがあり、満腹感もあります。専用のドレッシングは少しだけにして、紅ショウガ、七味を振りかければ、味変で楽しめます。糖質は10g強にコントロールできますし、物足りない時は肉増しというのも頼めます。これでワンコイン500円(税抜き)ですから、なかなかに優秀なロカボダイエットの友です。まあ牛丼(並)352円と比べてしまうと割高案はありますけどね。
それと、私はこれまで吉野家には牛丼単品へのこだわりのイメージをもっていました。そしてすき家や松屋がメニューのバリエーションで吉野家に挑む(いまや業界ポジションは逆転しているようですが、やはり私の中での牛丼王者は吉野家なんです)、という感じだったんですが、いまは吉野家もとてもメニューの幅が広くなっているんですね。牛丼以外にも、鶏丼、豚丼、牛カルビ丼、カレー、うな重、ベジメニュー、等々まだまだありました。牛丼一本勝負の頃の吉野家は、従業員も客もほぼ男、という店で、当時女性を意識せずに伸びたのは吉野家とコンビニだけだ、なんて話もありました。今や吉野家には女性一人客も多いですし、コンビニもご存じのとおりです。
 
うまい、やすい、はやい、の吉野家だけあって、あっという間に食べ終わり、新橋駅前交番での待ち合わせまで、ニュー新橋ビルにあるジューススタンド「ベジタリアン」で、アサイーベリージュースを飲んで一休みです。
人間ドックの結果を見てしばらくは、とても真面目な健康志向人間になりますね。
 

f:id:k0013293:20190824115121j:plain

f:id:k0013293:20190824115220j:plain

f:id:k0013293:20190824115301j:plain




一休みするほどのスペースはありませんし、そういう店でもないですが、いくつかスツールが置いてあって腰掛けることは出来ます。
ただ私のように座り込む人は少なく、皆さんさっと注文して、立ったままぐっと飲みほして去っていきます。今まさに出陣!という雰囲気の人が多いですね。テレビでも何度も取り上げられる有名店ですから、次々お客さんが来て回転はすごくいいです。
ここも吉野家と同じく、うまい、はやい、なんですが、やすい、ではない。アサイーベリージュース400円ですから、、。
吉野家の牛丼がどれだけ安いかということですね。
 
所用が終わり、夜の会食(またまた会食です。夜は健康管理中断・・)まで時間があり、暑さもそれほどではなかったので、久しぶりに有楽町まで歩いてみました。
途中、日比谷公会堂から奥に国会議事堂が見えるところでの1枚です。
 

f:id:k0013293:20190824121600j:plain

 
 
 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村

プライバシーポリシー お問い合わせ