シニアライダーの日常・R1200Rと共に

シニアライダーの日常と記憶、愛車R1200Rと行くツーリングの記録と四方山話。

趣味

ブログを書き始めて丸三年が経過しました。

2019年の5月末が33年余り勤務した会社の最終出勤日で、そこから現在の半隠居生活が始まりました。そしてその時にこのブログを書き始めて、ちょうど3年が経過したことになります。石の上にも三年と言いますが、何事にも飽きやすい私がよくここまで続…

コーヒーを淹れる。

我が家のコーヒーは、まずコーヒーミルで豆を挽くところから始まります。数年前まではコーヒーメーカーに付属している電動ミルでガーッと挽いていたのですが、思い立ってこのミルを購入してからはすっかりこれに馴染みました。 それまで夫婦どちらもコーヒー…

GripSwany(グリップスワニー)というアウトドアグローブ

最近アウトドア熱が再燃してきて、といってもまだ燃えていなくて燃やしたいと思っている段階なのですが、過去の経験上こういう時期が一番グッズ沼にハマりやすい時でもあります。 最近では「焚火」がマイブームで先日は火吹き棒、のこぎり、火ばさみ等を衝動…

都市対抗野球観戦と神保町の欧風カレーボンディ

現在東京ドームで開催中の社会人野球頂上決戦、都市対抗野球大会を観てきました。今年は第92回大会という歴史ある大会ですが、今年7~8年ぶりの観戦です。 都市対抗といえば真夏というイメージなのですが、昨年、今年と東京オリンピックの影響で11月末…

「いんばコスモスの里」でコスモス鑑賞に再チャレンジ

先日、千葉ニュータウンの一角にある牧の原公園のコスモス畑の事を紹介し、その際コスモスは既に終わりかけていたと書いたのですが、ある方からもう散っているのではなくまだ咲いていない状態ですよとのご指摘をいただきました。 www.boon-senior.com 勘違い…

村上春樹と村上龍

村上春樹と村上龍、両村上氏はデビューした時期も近く、どちらも時代を代表する作家として扱われて、特に村上春樹は熱狂的な信者を得ました。今年もノーベル文学賞の候補としてオッズ3位とか言われていましたが、候補と言われ始めて16回目(らしいです)…

Kindle、Reader(SONY)などの電子書籍

ルトガー・ブレグマン著「Humankind 希望の歴史」の記事で、紙の書籍の使い勝手の良さということを書きましたが、今は昔残していた本を除いては殆どを電子書籍で読んでいるのが現実です。 この機会にちょっと整理してみると、電子書籍で本を読むよ…

バイクのウイリー

バイクに乗らない人にはあまり馴染みはないでしょうが、ウイリーとはバイクの前輪を浮かせることを言います。 何でいきなりウイリーなのかと言うと、前回バイクには原付であっても運転免許が要って、自転車なら時速30km/h以上楽に出せるロードバイクで…

バイクと自転車の将来

バイクと自転車の将来について聞かれれば大抵の人は、バイクは悲観的だが自転車の将来はまあ安泰じゃないかと答えるのではないでしょうか。私もそう思います。 バイクと自転車というタイトルを付けましたが、バイクとは本来自転車を意味する言葉で、英語なら…

クロスヘルメットX1は失敗作?

今回は過去私が書いたブログの記事について、ちょっとドキッとさせられることがありましたので、それを書いてみます。 1年半近く前に、下記の記事でスマートヘルメット(商品名「クロスヘルメットX1」)という新しい発想のヘルメットについての期待を書い…

SSTR2021は断念しました。

私が読者登録している幾つかのブログでも、今年のSSTR(サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー)の記事が目に付くようになって来ました。今年は10月に3週間という期限を切って、3回の週末に集合イベントを2600台上限で実施し、その間の平…

国産車と輸入車

国産バイクと外国製バイクの話に続いて、国産車(四輪)と輸入車の話です。 今私はクルマの方もドイツ製のフォルクスワーゲンポロに乗っていますが、外国車はフォルクスワーゲンばかりで、今5台目です。ゴルフ2台、トゥーラン2台、そして今のポロとなりま…

VAN Jacket(ヴァンヂャケット)とトラッドのこと

男は身なりなんかに気を使うもんじゃないというバンカラ気質がまだ残っていた昭和40年代終わり、四国の片田舎でしがない浪人生活を送っていた私に、現役合格して一年先に上京した友人が持ち帰って来たファッション知識がアイビールックでした。 アイビール…

国産バイクと輸入バイク

先日舶来品信仰というブログを書きましたが、私は今ドイツ製のBMWバイクに乗っていますので、国産、輸入(舶来)バイクについてもうちょっと書いてみます。 先日の舶来品ブログでも書いた通り、私がバイクに乗るようになった1970年代には既に日本車…

ナショナル・ジオグラフィック

ネット記事を閲覧していて、ナショナル・ジオグラフィックの下記の記事が目に留まりました。今回のアフガンからの米軍撤退で、過去バーミヤンの仏教遺跡を大規模破壊したこともあるタリバンの今後の動向を懸念する記事です。 natgeo.nikkeibp.co.jp 私は、…

バイク用プロテクター

娘がバイクに乗るようになったのですが、気に入ったバイクウェアがなかなか見つからず、モヤモヤしているようです。 ライコランドやナップスなどのバイク用品店でウェアを見てもあまりピンとこないみたいで、特にレディースは好みではないのだそうです。いか…

バイクの不得意種目、徐行運転

バイクの一番の魅力は風を受けて走る爽快感なのでしょうが、それに加えて車体を傾けることで自在に曲がる方向を決められるという操縦感(操り感)も大きいと私は思っています。コーナーの角度と今のスピードを計りながら、ピタリときまった傾きで進入しコー…

帰省について

お盆休みで息子が帰省してきました。年末年始で帰省してきて以来8カ月ぶりです。帰省とはいえ、東京東部から千葉県西部ですからほんの一時間で帰れるお手軽帰省です。政府は帰省自粛と言っていますが、息子も職域接種でワクチンの二回接種を終えていますし…

娘のFTR初単独ツーリング

今週の日曜日、娘は早くから起き出して初のFTR単独行に出掛けました。今年の初めに納車されてから練習ツーリングという名のお付き合いを5回ほどやり、ようやく独り立ちですが、内心ちょっと寂しいと言うのも本音です。 私はR君を12カ月点検に持って行…

キャンプ道具の棚卸し

次の週末(昨日今日のことですが)、晴れたらキャンプに行きませんかと、現役時代の会社の同僚(後輩?)からお誘いがありました。宿泊はともかく日曜日にでもちょっと顔を出そうかなと返事して、いい機会なのでバイク置き場でもあるトランクルームに押し込…

ヒュンダイ「PONY」のプラモデル買ってみました。

製作は一向に進まないのに、新しいプラモデルばかり増えていて困ったものです。最近では、昔の親父の愛車「スバル360」と、歴代の愛車の中で一番愛着のある「三菱ランサーEXターボ」が加わっていたのですが、これもまだ製作にかかる目処は立っていませ…

指をケガしてしまいました。

先日昼食を作ろうとして玉ねぎを刻んでいる時に、誤って左手の薬指の指先を包丁でグサリとやってしまいました。 この手の話に不快感を持つ方はこの先読まないで下さいね。 そんなに大きな傷ではないのですが、爪の一部と皮膚と肉が削げてしまいましたので血…

新車バイクの平均購入年齢は54.7歳だそうです。

2019年に新車バイクを購入した人の平均年齢が54.7歳だった、という記事を読みました。想像以上に高齢化が進んでいますね。ネット上では、波平さんと同い年だ!と盛り上がっていたようですが、これを「新しく」バイクを購入した人と読み違えている人…

今日は超音波検査と、その後ヤフオク商品の発送でした。

今日は都内の病院で、頸動脈ドップラーという超音波検査を受けてきました。何だか物々しい名前ですが、動脈硬化を診断するための検査で、私のような高コレステロール血症の人間には有効な検査なのだそうです。これまで長期間高コレステロール血症の投薬・治…

母の日の勤労奉仕

昨日、5月9日は母の日でした。昔、私が子供の頃(小学生の頃?)は、母の日の数日前から学生服の胸に赤いカーネーションをつけたものでした。紙でできた造花でしたが、支給されたのか購入したのかは憶えていません。お母さんを亡くした子供たちは白いカー…

懐かしい昭和の遊び:群青玉鉄砲(ぐんじょうだまでっぽう)=グンダマデッポウなど

ブログを色々閲覧している時に、タイトルの群青玉鉄砲という文字を見かけました。何となくピンと来たのですが、それは私が幼い頃遊んだ「グンダマデッポウ」と関連があるんじゃないか?との連想だったのです。そのブログによるとやっぱり思った通り同じもの…

BABYMETALは、今やLADYMETALに

私は、BABYMETALの(にわか)ファンなのですが、最近ちょっと熱が高まっていて、今ブログを書きながらも、彼女らのライブ映像がBGM的に流れています。大人買いして、初期から最近までの映像作品も結構揃えてしまいました。 BABYMETAL: LIVE~LEG…

R1200Rタイヤ交換

愛車R1200Rのタイヤ交換をしてきました。新型コロナワクチンの接種が5月末までで終えられそうな目処が立ち、俄然現実性を帯びてきた北海道ツーリングの準備な訳ですが、ディーラーがタイヤセール中でしたので早速連絡してみると、3割引きでセール中…

進撃の巨人がついに終わってしまいました。

4月9日、進撃の巨人の最終話が公開され、11年7カ月にわたって連載された超長編漫画がついに結末を迎えました。最終話が掲載された別冊少年マガジンはあまりの売れ行きに急遽重版を決定したらしいですが、月刊漫画が重版されるなんてことがあるんですね…

FTR223についての雑感

前回娘のFTRに乗ってみて感じたことをいくつかまとめてみたいと思います。 まず意外とシートは高いです。そしてシート形状も、乗車姿勢に合わせたカーブを描いて造形しているように見えるのですが、跨ってみると割と角が立っている感じで腿に圧迫感があり…

プライバシーポリシー お問い合わせ