シニアライダーの日常・R1200Rと共に

シニアライダーの日常と記憶、愛車R1200Rと行くツーリングの記録と四方山話。

千葉ニュータウンの過去と現在

先日コスモスの記事で印西牧の原駅近くの牧の原公園のことを書きました。印西牧の原は千葉ニュータウンの中でも東側、成田寄りに位置し、二十年近く前までは駅周辺から少し離れると本当に何にもなくて、未整備のまま草が生い茂り放題の分譲地で模型飛行機や…

「いんばコスモスの里」でコスモス鑑賞に再チャレンジ

先日、千葉ニュータウンの一角にある牧の原公園のコスモス畑の事を紹介し、その際コスモスは既に終わりかけていたと書いたのですが、ある方からもう散っているのではなくまだ咲いていない状態ですよとのご指摘をいただきました。 www.boon-senior.com 勘違い…

義父母との会食

緊急事態宣言も解除され、家を出て都内で暮らしている息子も含めて、我が家4人はワクチンの2回接種が完了しましたので、永らく会えていない義父母にみんなで会いに行こうということになりました。 会いに行くとは言っても、義父母は我が家からほんの7~8…

Uber Eatsが来た!

当初は首都圏でも23区内等の人口密集地域限定だったウーバーイーツが、昨年からのコロナ禍による外出自粛、巣籠もりを追い風として急速に対象エリアを拡大しているようで、千葉県でも配達員の姿を随分見かけるようになってきていました。 標題の「Uber…

村上春樹と村上龍

村上春樹と村上龍、両村上氏はデビューした時期も近く、どちらも時代を代表する作家として扱われて、特に村上春樹は熱狂的な信者を得ました。今年もノーベル文学賞の候補としてオッズ3位とか言われていましたが、候補と言われ始めて16回目(らしいです)…

千葉フォルニアへ家族ドライブ

先週の土曜日、午前中ははっきりしない天気でしたが、お昼過ぎからは晴れそうな感じになって来て、午前中出掛けていた娘も帰ってきましたので、どこかに行こうかという事になりました。コロナが落ち着いてきたことで気分的にも出掛けやすくなりましたね。 …

コスモスも終り、秋が深まって来ます。

10月に入り、緊急事態宣言、まん延防止等重点措置が解除となって最初の日曜日、妻と娘は都内で開催されている横尾忠則展に出掛けて、私は留守番です。 この日は、風呂場のカビ取り、洗車、宅急便発送、クリーニング出し、等々家事当番の日で、充分半日以上…

名物駅弁「明石のひっぱりだこ飯」

「明石のひっぱりだこ飯」という駅弁があって、ネット販売もされているのを妻が見つけ、試しに買ってみることにしました。淡路屋という神戸の弁当屋さんが、明石海峡大橋の開通記念として発売した歴史の長い駅弁で、新幹線の西明石駅でも売られているのだそ…

Kindle、Reader(SONY)などの電子書籍

ルトガー・ブレグマン著「Humankind 希望の歴史」の記事で、紙の書籍の使い勝手の良さということを書きましたが、今は昔残していた本を除いては殆どを電子書籍で読んでいるのが現実です。 この機会にちょっと整理してみると、電子書籍で本を読むよ…

バイクのウイリー

バイクに乗らない人にはあまり馴染みはないでしょうが、ウイリーとはバイクの前輪を浮かせることを言います。 何でいきなりウイリーなのかと言うと、前回バイクには原付であっても運転免許が要って、自転車なら時速30km/h以上楽に出せるロードバイクで…

日本橋三越本店のフランス展

9月29日から日本橋三越本店で開催中のフランス展に行ってきました。顧客としてではなく、関係している企業が出展していることから、陣中見舞い的な訪問です。 当日は朝から天気も良く、三越裏の日銀本店も青空に映えてすごく印象的でした。 フランス展は…

久し振りに都内へ

健康診断結果を受けての定期的経過観察で都内の病院に出掛けました。朝のラッシュ時の総武線に乗るのは久しぶりです。 昨年のコロナ騒動勃発後も唯一毎月招集されていた会議が、遂に先月はリモートに変わりましたので、本当に都内に行く用事は無くなりまし…

バイクと自転車の将来

バイクと自転車の将来について聞かれれば大抵の人は、バイクは悲観的だが自転車の将来はまあ安泰じゃないかと答えるのではないでしょうか。私もそう思います。 バイクと自転車というタイトルを付けましたが、バイクとは本来自転車を意味する言葉で、英語なら…

ルトガー・ブレグマン著「Humankind 希望の歴史」を読みました。

オランダの歴史家、ルトガー・ブレグマンが書いた「Humankind 希望の歴史」という本を読みました。先日ミヒャエル・エンデの「モモ」の記事で書いていた、今読みかけの本というのはこれの事でした。私はこの本をKindle版で読んだのですが、単…

娘のFTR印旛沼公園(師戸(もろと)城址)ソロツーリング

台風が去って上天気となった3連休の最終日、娘は久しぶりにFTRでツーリングに出掛けました。もう、一人で出掛けるのも躊躇わなくなってきましたが、私は残念ながら翌日の仕事の準備が何一つできておらず、この3連休部屋で缶詰め状態でしたのでどちらに…

NETFLIXの配信ドラマ「クイーンズ・ギャンビット」を観ました。

先日NETFLIXで「クイーンズ・ギャンビット」という連続ドラマを観ました。一話ごとに長短があり、それぞれが1時間前後で全7話ですから結構な長時間となるのですが、観始めたら面白くて一日で全話観てしまいました。 一話ごとに長短があると書きまし…

クロスヘルメットX1は失敗作?

今回は過去私が書いたブログの記事について、ちょっとドキッとさせられることがありましたので、それを書いてみます。 1年半近く前に、下記の記事でスマートヘルメット(商品名「クロスヘルメットX1」)という新しい発想のヘルメットについての期待を書い…

市役所のワクチン接種コールセンターよりメールが来ました。

9月13日月曜日の朝パソコンを開いてみると、市のワクチン接種コールセンターよりメールが届いていました。我が家では娘の2回目を残すのみで、夫婦共に接種は終わっていますので、もしかしたら今世間で話題になり始めた、3回目の接種の話なのかなあ?な…

POLOで家族ドライブ、小雨模様の犬吠埼灯台へ

先週の日曜日、緊急事態宣言下ではあるものの少しストレス解消がしたいという家族の希望を受け、朝方の小雨も昼頃からは晴れてくるとの予報でしたので犬吠埼灯台までドライブに行ってきました。 灯台の近くまで来て、まずは銚子電鉄の犬吠駅に立ち寄ります。…

ミヒャエル・エンデ著「モモ」を読みました。

一人ゆっくり起きて朝食を食べにリビングに行くと、妻がNHK BSの「コロナ新時代への提言」という番組を観ていました。私も朝食を食べながら何となく観始めたのですが、そこで取り上げられていたのが、ドイツのミヒャエル・エンデが書いた児童文学「モ…

SSTR2021は断念しました。

私が読者登録している幾つかのブログでも、今年のSSTR(サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー)の記事が目に付くようになって来ました。今年は10月に3週間という期限を切って、3回の週末に集合イベントを2600台上限で実施し、その間の平…

国産車と輸入車

国産バイクと外国製バイクの話に続いて、国産車(四輪)と輸入車の話です。 今私はクルマの方もドイツ製のフォルクスワーゲンポロに乗っていますが、外国車はフォルクスワーゲンばかりで、今5台目です。ゴルフ2台、トゥーラン2台、そして今のポロとなりま…

VAN Jacket(ヴァンヂャケット)とトラッドのこと

男は身なりなんかに気を使うもんじゃないというバンカラ気質がまだ残っていた昭和40年代終わり、四国の片田舎でしがない浪人生活を送っていた私に、現役合格して一年先に上京した友人が持ち帰って来たファッション知識がアイビールックでした。 アイビール…

国産バイクと輸入バイク

先日舶来品信仰というブログを書きましたが、私は今ドイツ製のBMWバイクに乗っていますので、国産、輸入(舶来)バイクについてもうちょっと書いてみます。 先日の舶来品ブログでも書いた通り、私がバイクに乗るようになった1970年代には既に日本車…

舶来品信仰

舶来品という言葉自体が既に死語でしょうが、まだ世間的にも意味は通じると思います。(外国から)船で運ばれて来る品物だから舶来品で、そのまま輸入品という意味ですが、ちょっとありがたがるような、高級品的なイメージはありますね。 私が幼い頃はまだ色…

ナショナル・ジオグラフィック

ネット記事を閲覧していて、ナショナル・ジオグラフィックの下記の記事が目に留まりました。今回のアフガンからの米軍撤退で、過去バーミヤンの仏教遺跡を大規模破壊したこともあるタリバンの今後の動向を懸念する記事です。 natgeo.nikkeibp.co.jp 私は、…

バイク用プロテクター

娘がバイクに乗るようになったのですが、気に入ったバイクウェアがなかなか見つからず、モヤモヤしているようです。 ライコランドやナップスなどのバイク用品店でウェアを見てもあまりピンとこないみたいで、特にレディースは好みではないのだそうです。いか…

ムヒカさんの生き方

この間、妻が(今後は「妻」と呼ぶことにしたのですが、これまで「家内」と言い慣れていましたのでまだ落ち着きが悪いです。)「世界一貧乏な大統領」として有名なウルグアイのムヒカ元大統領のTV番組を観ていました。 私は自分の部屋でほかのことをして…

バイクの不得意種目、徐行運転

バイクの一番の魅力は風を受けて走る爽快感なのでしょうが、それに加えて車体を傾けることで自在に曲がる方向を決められるという操縦感(操り感)も大きいと私は思っています。コーナーの角度と今のスピードを計りながら、ピタリときまった傾きで進入しコー…

昭和の田舎暮らし

先日猛暑の記憶みたいなことを書きましたが、その後は全国的に大雨となり、結果気温はさほど高くならない日が続きました。そしてその時書いたことが昔の田舎暮らしを思い出すきっかけともなりましたので、ちょっとまとめてみます。 私が生まれたのは昭和20…

プライバシーポリシー お問い合わせ