文爺さんの日常・BMW R1200Rと共に

御隠居の日常と、愛車BMW R1200Rとの時間。

記憶

PC入れ替え、またSONY製品が減りました。

身の回りからSONY製品が減っていってます。中学生の頃、SONYが急成長ニッポンの象徴だった時代からのSONYファンを自任しているのですが、やむを得ないことも多いです。 www.boon-senior.com この時の記事ではTVをPanasonicに替えたこ…

これからのバイクとのつき合い

60代も後半となって、いつまでバイクに乗るのかということも真面目に考えなければいけなくなってきました。 今の愛車BMW R1200Rは2代目で、先代のR1200Rを購入したのが2011年の7月、ディーラーの試乗車で、走行距離2000km強の…

アマチュア無線のブログを読んで思い出したこと

何気なくブログの閲覧をしていて、アマチュア無線について書いたブログにたどり着き、色々な事を思い出しました。 昔、「〇年の科学」(〇は1~6の数字です)という月刊の学習雑誌がありました。学研が発行していて、「〇年の学習」と姉妹誌でした。当時そ…

娘の卒業式、袴姿で子育て完了を実感しました。

この日は娘の大学の卒業式でしたが、新型コロナウィルスの影響で卒業式自体は中止。本人だけを教室に集めて、学科単位で学位記授与式が行われました。当然父母の参列も無しでした。 学位記授与式という呼称についてですが、日本においては、1991年(平成…

医療費と健康保険

先日腰痛のことを記事にしましたが、昔から健康には気を遣うほうでした。神経質と言われるほどだったと思います。 40歳からは毎年人間ドックと会社の定期健康診断を欠かさず受診していますから、以降年2回は検査を受けていたことになります。更に日常でも…

今はスマホ、昔は漫画とタバコ

最近カフェとかファミレスとかでよく見かける光景ですが、お互い無言でスマホを眺めている、カップル、複数の仲間たち、そして家族連れ。家族連れの場合はちょっとバリエーションがあって、まだ幼い子供連れの場合は、少なくとも両親の内一人は子供のお相手…

腰痛について

今回は腰痛話です。程度の差こそあれ腰痛を経験したことのある人は多いと思いますし、私も若い頃からの腰痛持ちです。 何時からというのは今となってははっきりしないのですが、憶えている最初のひどい腰痛は30歳過ぎの頃、朝起きようとして身動きできない…

R1200R 2回目の車検:5年間の思い出。(後編)

2回目の車検を迎えた、愛車R1200Rとの5年間の振り返り(後編)です。 3年目:2017年この年は再び北海道に行きました。本当は前年の熊本地震のお見舞いも兼ねて、今度は南九州中心に回ろうかと思っていたのですが、阿蘇の親戚からはまだ道路も全…

散歩しながら考えたこと:空き家問題

ここのところ散歩もサボり気味だったのですが、暖かくなってきたことと、何より新型コロナウイルスの拡散で人混みに行くのを避けるようになったので、徐々に復活してきました。 散歩していて気になっていたのが、近くの住宅街でも空き家が随分目につく事です…

キリスト教の葬儀式

題材としてはどうかと思いましたが、先日参列した身内の葬儀がキリスト教式でしたので、そのことを少し。 奈良に住んでいた、父のすぐ下の妹である叔母には、私が幼いころから可愛がってもらいました。88歳という年齢の割にはとても元気で、昨年末にも普通…

ゴルフと酒、バイクと趣味

ゴルフはやらず酒も殆ど飲めません。サラリーマンとして結構重要なコミュニケーションツール(だった)と思いますが、それで何とか定年までやり過ごしてきました。 ゴルフは、若い頃大阪で営業部門にいた時に、同業他社の先輩営業マンに誘われて(強要されて…

バイク装備:極寒時には電熱です。

冬季のツーリングでは防寒対策が必須です。クルマとは違って暖房設備は一切なく、直接風にさらされますので寒さは堪えます。しかも自転車と違ってほとんど運動はしませんから体が暖まる要素はありません。 時速100kmで走っているとすると、秒速換算では…

リターンライダーのバイク歴(その2):アプリリアmana850、BMW R1200R、BMW R1200RLC

~リターン後のバイク歴(その1)から続きます~ 4.<アプリリアmana850(2010~2011)>新車 ボンネビルを買い替えようとしていて、たまたま目に留まったのがこのmana(マーナ)というバイクです。そもそもアプリリアというメーカー…

リターンライダーのバイク歴(その1):ヤマハSRX600、カワサキW650、トライアンフボンネビルSE

40代の半ばを過ぎて、今後何か趣味を持ちたいと考え始めたとき、昔のバイクの経験がよみがえり、リターンライダーとなりました。そのバイク歴をご紹介します。 1.<ヤマハSRX600(2001?~2002?)>中古 このバイクでリターンですが、写…

さん付けと呼び捨て、君付け、ちゃん付け

ふと「さん付け」、「呼び捨て」の基準ってどこにあるんだろうということが気になって、ちょっと考えてみました。 目上の人には「さん付け」、目下(とは最近あまり言わないですが)には「呼び捨て」、これは判りやすいし、基本でしょうね。 ただ身内を他人…

ロングスリーパー、ショートスリーパー

ロングスリーパー、ショートスリーパーという言葉がありますね。日本語だとそのものズバリ、長眠者、短眠者というそうです。 平均10時間以上寝ないといけない人をロングスリーパーと呼ぶのだそうで、そこまではいかないまでも、私もロングスリーパー傾向の…

マンション派?戸建て派?

現在のマンションに入居して26年目となり、2回目の大規模修繕が始まろうとしています。そのための住民総会の案内が来て、ここに入居したときのこととかを思い出しましたので、表題のテーマで少し。 マンション派?戸建て派?といいながらも、私が今マンシ…

年賀状、間に合うか?

年賀状をどうしようか考えている内に、あっという間に年末です。会社というしがらみがなくなった今、もう出さなくてもいいんじゃないかと思ってみたり、いややっぱり義理で出してたわけじゃないし、と思い返してみたりです。今まで通りに出すとしても、まだ…

就活(就職活動)の記憶

来春、娘が大学を卒業し就職しますので、子育てもほぼ終了です。今年は就職という面では恵まれていて、彼女は大きな困難にも直面せず就職先を決められたようですが、いわゆる就職氷河期の年代層に対しては、何らかのケアの必要性が今議論されているようです…

浜松駅で見たSUZUKIのKATANAとKAWAIのピアノ。YAMAHAは?

2カ月ぶりに浜松での仕事です。今回もやはり夜のミーティングですが、遅くなりそうなので泊まりです。 仕事の話はさておき、ご存じの方もいるでしょうが、浜松駅の新幹線ホームを降りると、改札を出るまでの構内にSUZUKIのバイクとクルマ、KAWAI…

クロネコヤマトの特例子会社「スワンベーカリー」でクリスマスケーキ注文

スワンベーカリーというパン屋さんを御存じですか? クロネコのマークでおなじみのヤマトホールディングスの特例子会社である(株)スワンが展開する直営5店舗フランチャイズ25店舗のパン屋さんです。 特例子会社とは何かというと、 特例子会社(とくれいこ…

京都観光へ:「大人の休日倶楽部ジパング」初使用で家族旅行

前回までの記事とは前後しますが、バイクツーリングから帰って二日目に、今度は家族で京都旅行に行って来ました。遊んでばっかりです。 そもそも今回は家内の希望です。京都の仁和寺で、6年の歳月をかけた観音堂の修復を終え、江戸時代の再建後373年目に…

相鉄線が都内直通運転、で思い出した当時のこと

相鉄線がJRに乗り入れ、都内まで直通運転するということがニュースになっていて、以前相鉄線の沿線に住んでいた時のことを思い出しました。 私が住んでいたのは、相鉄本線から二俣川で別れて湘南台で小田急につながる、相鉄いずみ野線の南万騎が原で、二十…

R1200R四国カルスト幼馴染ツーリング前日:陸送バイク受け取り、うどん「つるや」とバーベキュー

同窓会の準備をしている際に持ち上がったツーリング話が、瓢箪から駒という感じで実現し、 この日(同窓会の翌日)は先日陸送したバイクをBASの坂出デポまで引き取りに行きました。 本当は帰省当日に取りに行くつもりだったのですが、あいにく休みとのこ…

53年目の小学校同窓会

卒業から53年目にして初めての小学校の同窓会(正確には同期会ですが、ここでは同窓会と呼ぶ事にします。)に行ってきました。 高校までは地元の四国でしたので、参加するには帰省する必要があり、それも足が遠のいた原因の一つです。定年まで勤めた会社で…

「青空文庫」:過去の名作を無料で読めます。

表題の「青空文庫」というのを御存じですか? 著作権が消滅した作品や著者が許諾した作品のテキストを公開しているインターネット上の電子図書館です。著作権保護期間はこれまで著者の死後50年とされていたのですが、2018年に発効したTPP11で70…

映画「人間失格」と太宰治のこと

小栗旬の主演で、太宰治の「人間失格」が上映されています。 先日「記憶にございません!」を見に行った時に予告されていて、見てみたいなと思いましたが、家内は一緒に見るのはどうも、、と。まあ確かに予告を見ると、熟年夫婦が並んで見るのはちょっと気恥…

我が家の家計簿遍歴と家計簿ソフト「マネーフォワード」

何年か前から家計簿としてマネーフォワードというソフトを使っています。家内ではなく私が。 1995年、Windows95が出現して一気にオフィスのデジタル化が進み、一人1台のPCが当たり前となると、資料作りもExcelやPowerPointを…

テレビは生活の中心だった。

テレビ番組の話です。 先日狭い家にもかかわらず、55型というでっかい4Kテレビを買ったんですが、最近のテレビ番組に興味が薄れているのも事実です。 同じような芸人がいっぱい出てくる同じようなバラエティ、同じような芸能ネタ・三面記事ネタを、ここ…

1970年代末から80年代初め、韓国での暮らし<完結編>

韓国での生活、これで完結です。 郊外の外国人アパートでの暮らしにだんだん慣れてきたころ、上司と常に一緒の出退勤が気詰まりとなり、通勤の手段としてまずは自転車、そしてバイクを買いました。最初に買ったバイクは、どこの国の何というメーカーかも覚え…

プライバシーポリシー お問い合わせ