シニアライダーの日常・R1200Rと共に

シニアライダーの日常と記憶、愛車R1200Rと行くツーリングの記録と四方山話。

シニアライフ

災害時用に「ECOFLOW DELTA(エコフローデルタ)」というポータブル電源を買いました。

今回、エコフローという会社が製造販売している、デルタという大容量のポータブル電源を購入しました。新型が出るタイミングという事もあってか値下げとなっていたので思い切って買ったのですが、6桁に乗る価格の買い物はかなり躊躇します。 最近また各地で…

父の納骨、永代供養でお願いすることにしました。

昨年末に亡くなった父の納骨を3月末に予定していたのですが、思わぬ娘のコロナ感染騒動で延期せざるを得なくなり、約一か月後に改めて岡山のお寺でお願いしてきました。 我が家の代々の墓は熊本県の阿蘇にあり、祖父母までは皆そこに眠っています。今回父が…

町内会役員、無事任期終了しました。

昨年の4月から1年の任期で仰せつかっていた町内会の役員(班長)が先月の役員会で無事終了し、お役御免となりました。 www.boon-senior.com 無事終了とは書きましたが、実態は任期である2021年4月から2022年3月までの1年間はコロナ禍による緊…

都内散策:神宮外苑から青山霊園の桜巡り。

この日は昼から都内の病院で検査があったのですが、14時には終了しましたので周辺を散歩して帰ることにしました。ブログを見返してみると、昨年の秋にも同様な散歩をしていました。 www.boon-senior.com 曇っているのですが気温は高く、羽織っていたパー…

自宅待機明け、10日振りに外出したら、春の嵐でした。

コロナ感染し自宅療養となった娘と、同居者として濃厚接触者となった私たち夫婦の自宅待機期間は3月25日で終了となりましたが、ちょうど週末に掛かることもあり、27日の日曜日までは外出は自粛しようと決めていました。 3人とも仕事への影響もかなり…

「2年越し」とは何年経過の事?

前回「ミニ胡蝶蘭が2年越しに花を付けました。」というタイトルのブログを書いたのですが、ふと「2年越し」という表現で合っていたのかが気になりましたので、少し調べてみました。 www.boon-senior.com 今回の場合は、昨年花をつけ一度花が落ちた胡蝶蘭が…

ミニ胡蝶蘭が2年越しに花を付けました。

今ウチには妻が昨年ヨガのメンバーさんから頂いたミニ胡蝶蘭があるのですが、昨年秋にすべての花を落とした後も妻がこまめに水をやったり日に当てたりの世話をしていたところ、今月になって2年越しの花を咲かせました。胡蝶蘭といえばお祝い事の定番で、会…

「お金をばらまくおじさん」とは

先日ネット記事で、「お金をばらまくおじさん」「それを批判する何もしないおじさん」という言葉が使われていて、興味を持って読んでみたのですが、それに関連してちょっと書いてみます。 「お金をばらまくおじさん」とは、誰もが連想する前〇友〇氏と、彼が…

岡山で残務整理:大人の休日倶楽部で新幹線の旅

昨年末に亡くなった父の死後の手続き諸々で岡山に行って来ました。オミクロン株の爆発的拡大で21日からは首都圏や広島・山口にはまん延防止等重点措置が発令されましたが、岡山県はまだ発令されていませんし、都道府県を跨る移動については不要不急の移動…

2022年の始まり。元日の恒例行事

明けましておめでとうございます。今年の年末年始は好天続きで、元日も夜明け前から良く晴れて、その分放射冷却で随分寒かったです。 我が家の元日は、まず家族そろって外房の蓮沼海浜公園近くの南浜海水浴場で初日の出を待つところから始まります。一昨年夏…

年末恒例の人間ドック、これで今年のブログ締め。

これが本年最後の記事となります。年末になって父の死去があり、当初決めた隔日でブログをアップするという目標が危うくなりましたが、何とか達成できました。 本年最後の記事は、先日受けた年末恒例の人間ドックのことです。この前記事にした、人形町今半の…

町内会の役員やってます(やらされてます)。

今年町内会の役員を仰せつかり、1年の任期で町内会の役員会への出席や回覧板の回付の役目を淡々と果たしています。 私の住む街は、元々東京近郊の農業地帯であったところへ、都内へ通う人たちのための住宅が建ち始めて双方が混在した地域であり、新旧住民で…

牛乳と加工乳、紙パックの見分け方

皆さんは、スーパーなどで1リットルの紙パック入り牛乳と加工乳を間違えて購入してしまったという経験はありませんか?主婦(主夫)の方ならそんな間違いはしないのでしょうが、私は何度か同じ失敗をしていて、今回も確かめたつもりがまた間違えてしまいま…

妻の国民年金基金への加入と年金制度のこと

国民年金にも「全国国民年金基金」という年金の上乗せ部分があるんですね。優香ちゃんを使ったキャンペーンは見たことがありましたが、私は社会人になった時から一貫して65歳まで厚生年金の加入員であり、国民年金とは無縁でしたから、ほとんど興味がない…

東葛地区の数字由来の地名について

私の住む千葉県の北西部、東葛地域には数字からなる地名が沢山あります。越してきた当初は何気なく見過ごしていたのですが、地域のミニコミ誌か何かで、これはここが明治以降に開拓された土地であることに由来していることを知りました。その数字を含む地名…

R1200R筑波山ソロツーリング:蕎麦に振られて昼飯は鰻

8月に、12カ月点検後のちょい乗りで千葉県の西北端の町関宿までツーリングして以来、丸々2ヵ月放置状態でしたが、前日に続く秋晴れの上天気に誘われて、ようやくガレージからRを引っ張り出しました。 ここのところ緊急事態宣言等もあってずっと千葉県内…

千葉ニュータウンの過去と現在

先日コスモスの記事で印西牧の原駅近くの牧の原公園のことを書きました。印西牧の原は千葉ニュータウンの中でも東側、成田寄りに位置し、二十年近く前までは駅周辺から少し離れると本当に何にもなくて、未整備のまま草が生い茂り放題の分譲地で模型飛行機や…

「いんばコスモスの里」でコスモス鑑賞に再チャレンジ

先日、千葉ニュータウンの一角にある牧の原公園のコスモス畑の事を紹介し、その際コスモスは既に終わりかけていたと書いたのですが、ある方からもう散っているのではなくまだ咲いていない状態ですよとのご指摘をいただきました。 www.boon-senior.com 勘違い…

義父母との会食

緊急事態宣言も解除され、家を出て都内で暮らしている息子も含めて、我が家4人はワクチンの2回接種が完了しましたので、永らく会えていない義父母にみんなで会いに行こうということになりました。 会いに行くとは言っても、義父母は我が家からほんの7~8…

Uber Eatsが来た!

当初は首都圏でも23区内等の人口密集地域限定だったウーバーイーツが、昨年からのコロナ禍による外出自粛、巣籠もりを追い風として急速に対象エリアを拡大しているようで、千葉県でも配達員の姿を随分見かけるようになってきていました。 標題の「Uber…

村上春樹と村上龍

村上春樹と村上龍、両村上氏はデビューした時期も近く、どちらも時代を代表する作家として扱われて、特に村上春樹は熱狂的な信者を得ました。今年もノーベル文学賞の候補としてオッズ3位とか言われていましたが、候補と言われ始めて16回目(らしいです)…

千葉フォルニアへ家族ドライブ

先週の土曜日、午前中ははっきりしない天気でしたが、お昼過ぎからは晴れそうな感じになって来て、午前中出掛けていた娘も帰ってきましたので、どこかに行こうかという事になりました。コロナが落ち着いてきたことで気分的にも出掛けやすくなりましたね。 …

コスモスも終り、秋が深まって来ます。

10月に入り、緊急事態宣言、まん延防止等重点措置が解除となって最初の日曜日、妻と娘は都内で開催されている横尾忠則展に出掛けて、私は留守番です。 この日は、風呂場のカビ取り、洗車、宅急便発送、クリーニング出し、等々家事当番の日で、充分半日以上…

名物駅弁「明石のひっぱりだこ飯」

「明石のひっぱりだこ飯」という駅弁があって、ネット販売もされているのを妻が見つけ、試しに買ってみることにしました。淡路屋という神戸の弁当屋さんが、明石海峡大橋の開通記念として発売した歴史の長い駅弁で、新幹線の西明石駅でも売られているのだそ…

Kindle、Reader(SONY)などの電子書籍

ルトガー・ブレグマン著「Humankind 希望の歴史」の記事で、紙の書籍の使い勝手の良さということを書きましたが、今は昔残していた本を除いては殆どを電子書籍で読んでいるのが現実です。 この機会にちょっと整理してみると、電子書籍で本を読むよ…

バイクのウイリー

バイクに乗らない人にはあまり馴染みはないでしょうが、ウイリーとはバイクの前輪を浮かせることを言います。 何でいきなりウイリーなのかと言うと、前回バイクには原付であっても運転免許が要って、自転車なら時速30km/h以上楽に出せるロードバイクで…

日本橋三越本店のフランス展

9月29日から日本橋三越本店で開催中のフランス展に行ってきました。顧客としてではなく、関係している企業が出展していることから、陣中見舞い的な訪問です。 当日は朝から天気も良く、三越裏の日銀本店も青空に映えてすごく印象的でした。 フランス展は…

久し振りに都内へ

健康診断結果を受けての定期的経過観察で都内の病院に出掛けました。朝のラッシュ時の総武線に乗るのは久しぶりです。 昨年のコロナ騒動勃発後も唯一毎月招集されていた会議が、遂に先月はリモートに変わりましたので、本当に都内に行く用事は無くなりまし…

バイクと自転車の将来

バイクと自転車の将来について聞かれれば大抵の人は、バイクは悲観的だが自転車の将来はまあ安泰じゃないかと答えるのではないでしょうか。私もそう思います。 バイクと自転車というタイトルを付けましたが、バイクとは本来自転車を意味する言葉で、英語なら…

ルトガー・ブレグマン著「Humankind 希望の歴史」を読みました。

オランダの歴史家、ルトガー・ブレグマンが書いた「Humankind 希望の歴史」という本を読みました。先日ミヒャエル・エンデの「モモ」の記事で書いていた、今読みかけの本というのはこれの事でした。私はこの本をKindle版で読んだのですが、単…

プライバシーポリシー お問い合わせ