文爺さんの日常・BMW R1200Rと共に

御隠居の日常と、愛車BMW R1200Rとの時間。

仕事

冬の福島:それにしても暖冬です。

この日は福島で仕事です。千葉の自宅を出たときは厚手のコートでは暑い位でしたが、福島はそうもいかないだろうと覚悟していました。ところが福島の駅に降りてみてびっくり。もう朝10時を過ぎていましたから気温も上昇しているのはその通りでしょうが、千…

確定申告終了:初めて青色申告しました。

2月16日から確定申告の受け付けが始まりましたが、e-TAXなら事前申告もできるとのことで、早めに申告を完了しました。 確定申告そのものはサラリーマン時代からしていましたので、そんなに戸惑いもありませんでしたが、今年は初めて青色申告をすると…

確定申告ソフトで青色申告の準備中

今年から青色申告をすることにしました。 昨年7月で会社を辞めましたが、調べてみると退職後の所得は種類としては事業収入となるようで、経費面を考えるとこれまで自分には縁がないと思っていた青色申告をするほうが良さそうでした。 青色申告とか白色申告…

神田明神へ二度目の初詣

今年の初詣は1月1日に成田山新勝寺へお詣りしましたが、今度は仕事の関係で、神田明神へ初詣です。 プライベートでの初詣とは別に、仕事始めの日とかに会社関係者で商売繁盛を祈願して初詣に行く、というのはよく聞く話ですし、私も現役時代には行っていま…

何年ぶりかの浜松:うなぎと餃子

出張することがなくなると関東圏を出ることも少なくなりますが、ちょっとだけ関東圏を出て何年振りかの浜松に行ってきました。 14時半に家を出て23時半に帰宅、という遅番勤務でしたが、天気も良く夕方の富士山もてっぺん付近だけではありましたが見るこ…

1970年代末から80年代初め、韓国での暮らし<完結編>

韓国での生活、これで完結です。 郊外の外国人アパートでの暮らしにだんだん慣れてきたころ、上司と常に一緒の出退勤が気詰まりとなり、通勤の手段としてまずは自転車、そしてバイクを買いました。最初に買ったバイクは、どこの国の何というメーカーかも覚え…

1970年代末から80年代初め、韓国での暮らし<後編>

前編からの続きです。 現地会社では経理部に配属となり、簿記の知識は全くありませんでしたので、先輩駐在員が高校の頃使ったという簿記の教科書で、複式簿記とは何ぞや?というところから始まりました。先輩は商業高校から商学部に進んだ人で、高校の簿記な…

1970年代末から80年代初め、韓国での暮らし<前編>

昔20代の半ばの4年間、韓国で暮らしていました。社会に出て初めての職場が韓国というのも中々面白い経験でした。 今話題になっている、嫌韓だの親韓だのという話ではありませんのであしからず。 新卒で入社した会社で、入社当日の4月1日付で韓国子会社…

インプットとアウトプット、労働時間

誰かに雇用される立場でなくなってみると、労働時間とその他の時間の区別は難しいことが段々とわかってきました。 よく自営の人たちが、我々はサラリーマンの皆さんと違って、24時間事業のことを考えてますから、みたいなことを言っていて、サラリーマン当…

確定申告:eーTAXならわりと簡単

10年位前から確定申告をしています。 サラリーマンだったので年末調整はしてもらっていたのですが、医療費控除や寄付金控除(ふるさと納税も含めて)が馬鹿にならない金額となり、毎年還付金をモチベーションにやっていました。 何かあるとすぐ医者にかか…

手帳の変遷

お題「手帳」 ビジネスマンにとって手帳は必携のアイテムですが、その形は私が社会人になった頃からずいぶん変わってきています。 私が新人の頃、サラリーマンで鞄を持っている人は殆どいませんでした。(私の周りだけ?)男は手ぶら、みたいなのが当たり前…

プライバシーポリシー お問い合わせ