シニアライダーの日常・BMW R1200Rと共に

シニアライダーの日常と記憶、愛車BMW R1200Rと行くツーリングの記録。

マンション大規模修繕工事:ようやく終了へ

 

3月から始まったマンションの大規模修繕工事が、半年の期間をかけてようやく終わりを迎えます。当初は3月中旬から7月中旬の約4カ月の予定でしたが、4月に入って、他の建設現場で作業員の人に新型コロナへの感染が発生したことで、建設現場は軒並み工事中止となり、ウチのマンションも1カ月あまり休工期間となりました。
下の写真はウチのものではありませんが、足場が組まれ外側をぐるりとネットで覆われた姿は全く同じです。

 

f:id:k0013293:20200904213651j:plain

参照:https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%A4%A7%E8%A6%8F%E6%A8%A1%E4%BF%AE%E7%B9%95%E5%B7%A5%E4%BA%8B&aq=-1&ei=UTF-8&fr=mcafeess1&oq=#4047aa733f802916d03683c96b91c838581909efba02c4649ff28001c32e9184

 

これが内側からみた実際の写真ですが、ガッチリ足場が組まれネットで覆われるとベランダに出てもとても暗いです。この状態が、今年の長い梅雨の期間とその後の猛暑の期間ずっと続きましたから結構鬱陶しかったですね。その上この工事期間が新型コロナの拡大とほぼ被っており、家族4人殆ど在宅状態でしたので尚更でした。

 

 

f:id:k0013293:20200904214533j:plain

 

今回の大規模修繕工事は2回目であり、十数年前の1回目の記憶は鮮明ではないのですが、それでも1回目の時と比べて今回は、住民説明もきめ細かく行われ、職人さんの教育も行き届いていましたし、作業も一つ一つとても丁寧だったという印象です。施工業者によって随分違うものなんですね。
足場もボルトでマンションの躯体にがっちり固定して組み上げてあって、ちょっとやそっとでは崩れ落ちたりはしなさそうな安心感がありました。覆われている鬱陶しさはもちろんありましたが、その反面囲われているという安心感もありました。
この足場は、ちょっと超大型のジャングルジムのようでもあり、一度入らせてもらいたかった位です。

 

休工期間に加えて、長梅雨の影響で、7月中旬だった工事完了が9月にまでずれ込んでいましたが、それもようやく終わりが見えてきて、先日この足場が撤去され、本当に久しぶりに直接外が見られるようになりました。

 

 

f:id:k0013293:20200903120512j:plain

f:id:k0013293:20200903120613j:plain

 

やっぱり解放感があってとても気持ちがいいです。風も直接吹き込んできますので、これからの季節窓を開け放っていれば秋を身近に感じられることでしょう。

 

しかし工事はこれで終わりとはならず、この後に防鳥ネットの取り付け工事があるのです。ハト除けで元々付けていたものを原状回復するのですが、解放感からいうとできればこのままが良いですね。ただこの防鳥ネットは5cm角程度の粗い網目のネットで、内側からもそう圧迫感はなく、また外から見るとネットで覆われていることを気付かない程目立たない仕様になっています。

 

数年前に、ウチのマンションはハトに目を付けられ、多くのハトに巣作りを始められてしまったことがあり、その時に色々やったハト除け対策の最終手段として、この防鳥ネットでマンションを丸ごと包むという事をやったのです。何でもウチのマンションはちょっと凝ったデザインになっていて外壁の凹凸が多く、ハトにとってはこれが自然の崖の凹凸に似ていて巣作り好適場所として認知されたのでは?という事でした。人間に認知されて中古価格が上昇するのはうれしいですが、ハトに認知されるのは正直迷惑です。
ハトには学習能力があって、一度防鳥ネットで覆われたマンションは、数年たってネットを外しても再び近付くことはない、という話も聞いていたのですが、工事期間中にも、あんなに閉鎖的に囲われていた足場の中にもぐりこんできたハトがいましたから、これはもう止むを得ません。

 

敷地内の駐車場も工事期間中は使用不可となり(ウチと隣の区画2台分には今もまだ現場事務所が建ってます。)、近隣の駐車場を借りていましたが、半年ぶりに元の駐車場に戻る時には、乗り換えでクルマが変りVWポロが戻ることになります。

 

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ