シニアライダーの日常・R1200Rと共に

シニアライダーの日常と記憶、愛車R1200Rと行くツーリングの記録。

プラモデル製作準備完了です。

 

プラモデル製作の工具や塗料の準備が完了しましたので、我が家の子供達がまだ小さい頃、10年間にわたり活躍してくれたホンダ ステップワゴンの製作に取り掛かります。

 

購入したものはまず工具で、初心者用としてセット販売されている必要最小限のものにしました。あとはバイク用や家庭用の工具で何とかなるでしょう。基本的には通常の工具より先端が細くなっているもの、ということですかね。

 

f:id:k0013293:20210306165903j:plain

 

次は塗料関係ですが、プラモデル用の塗料にはラッカー、アクリル、エナメルとあって、ラッカーが一番多く使われていると思います。私も過去はそうでしたが、今回は水性アクリルというのを試してみることにしました。作業スペースが限られていますので、アクリル塗料はラッカーの強い刺激臭が無い(少ない)というのを聞いて使ってみる気になったのです。昔は数も少なかったそうですが、今では色数も随分増えています。

 

f:id:k0013293:20210306171135j:plain

 

この機会にエアブラシ塗装にチャレンジしようと思い、コンプレッサーも購入しましたが、結局中国製でエアブラシまでセットになっているものにしました。これで6000円台ですから中国製の価格競争力はやはり大したものです。

 

f:id:k0013293:20210306171643j:plain

 

元々、コンプレッサーやエアブラシに知見はありませんので、見ただけで良し悪しはわからないのですが、まずはコンプレッサーの小ささとスマートさに驚きました。私のコンプレッサーのイメージは下のようなものでしたから。

 

 

電源とホースをつなぎ、試しに動かしてみましたが特に問題はなさそうです。
何だかんだいっても中国製の進化は目覚ましいものがありますね。安かろう悪かろうの時代を徐々に抜けようとしていると思います。かつての日本製がその汚名を脱して高品質の代名詞となったように、、。

 

中国、韓国というと無条件にダメ出しする人がいますが、どうなんでしょうね。韓国製はともかく中国製の信頼度がまだそこまで高くないのは事実でしょうから、ダメの確率が高くなることはその通りですが、過去にそれで痛い目に遭ったからか、今後中国製は一生買わない、みたいなコメントを見ることも多いです。私も過去に粗悪品や悪意のある出品者に引っかかったことはありますが、中国人にも韓国人にもそして日本人にも極悪な奴も、ずるい奴も立派な人もいて、企業もそれは同じだと考えていますので、その個人・企業を責めることはあっても、それを国単位に一般化しようとは思いません。更に話が拡大してきて、日本人の高潔な血が、、とか始まるともう宗教ですね。
この手の話はこれ以上書くと問題になりそうなので止めますが、これでも書きすぎなのかも。
ちなみに、私の「文爺さん」という名前を見て、韓国の文大統領を連想する方がいましたが、全くそういう意図はありませんし、本名をちょっと加工したもので、かの国とは無関係です。(若い頃駐在した縁は十分ありますが、、)

 

その他、細かなパーツ塗装用にこんなのも購入しました。

 

f:id:k0013293:20210306172653j:plain

f:id:k0013293:20210306172726j:plain

 

ネコの手持ち棒というらしいのですが、何でネコなんでしょう?棒の先に鰐口クリップを付けたもので、どこにもネコの要素が見当たりません。私が買ったものはこれも中国製ですが、欧米向けの製品らしく、英語表示にはそのまま「Alligator Clip」となっていて、そのほうがしっくりきます。

 

何だかんだで散財しましたが、ポイントを使いましたので、コンプレッサー、エアブラシまで買ってこれでも合計1万円以内で収まりました。あとは作るだけです。

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ