シニアライダーの日常・R1200Rと共に

シニアライダーの日常と記憶、愛車R1200Rと行くツーリングの記録。

自粛生活が再び始まりました。

 

首都圏の一都三県に再び緊急事態宣言が発出されて最初の週末、三連休となりました。都内の繁華街では人出が減っていないとか、出勤者も以前と変わらないとか、報道を見る限りでは、昨年春の緊急事態宣言の時とは人々の緊迫感に大きな差があるみたいです。
自分を振り返っても確かにコロナ慣れ、という部分はありますね。昨年春の感染者数からすると比較にならない程の拡大をしているのですが、コロナへの恐怖は間違いなく去年の春の方が大きかったです。

 

今の拡大は昨年末のクリスマス時期に大挙して繁華街や飲食店を訪れた人たちが発症しているのだというのはその通りだと思いますし、その人出は年始以降まで続いているでしょうから、今の爆発的といってもいいような感染拡大が落ち着くのは早くても1月下旬から、ということになるのでしょうか。

 

我が家でも、都内に住む長男はやはり予定通り帰省はしましたし、帰省してきたら来たで、久しぶりになじみのお店に皆で行こうか、となりましたので他人様をとやかく言える立場ではありません。年末にブログに書いた、「行きつけのお店」という記事のとおりです。

 

www.boon-senior.com

 

ただ、年末年始にかけてどうも風向きが怪しくなってきて、やっぱり外出は控えた方がいいのかなあという気分になって来ました。1月4日には都内のショートドライブと散歩をしてきましたが、当面これが最後になりそうな感じですね。

 

本当ならば、この三連休のどこかで外房にある太東埼に、お弁当、屋外用コーヒーセット持参で行ってみようと思っていました。昨年3月に家内と二人で出かけたのですが、その時は行けなかった娘も行きたいと言っていたのです。

 

www.boon-senior.com

 

今年はこの大寒波で、温暖な房総半島とは言え屋外でお弁当を食べたりコーヒーを飲んだりは厳しいかも知れませんが、その時は海辺にクルマを停めて車中でお弁当でも良いよね、と話していました。それにこの近くにある飯縄寺の「波の伊八」の作品は屋内ですし、こちらは前回訪れた経験から、屋内とはいえそんなに人が密集することもないだろうと思えました。この波の伊八の作品については、私たちも是非もう一度見たかったのです。

 

そしていざ三連休を迎えてみて、結局訪問は断念しました。
確かに太東埼は吹きさらしの屋外ですし、人も少なそう、飯縄寺も作品展示は屋内とは言え、密になることは考えにくい、そういった状況ですので、感染リスクは限りなく低いとは思います。
ただ、政府・各自治体が声をそろえて外出の自粛を要請している中、感染度が恐らく日本中でも最高度に高い千葉県北西部のナンバーを付けたクルマが、比較的落ち着いている県中南部に出かけることは、いたずらに現地の方の不安を煽ることにもなりかねませんし、道義上も良くないだろうと考えました。

 

上の記事を読み返してみると、昨年3月にも「クルマで人の少ない景勝地に移動して、眺めのいい屋外でゆっくりご飯を食べたりコーヒーを飲んだり、というパターンがいいですね。デイキャンプもありです。」と書いていますが、この直後に緊急事態宣言が出されて、自粛生活が始まったわけです。
一年近く経っても事態が改善どころかますます悪化していることに暗澹たる思いですが、希望を失わず頑張るしかないですね。

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ