シニアライダーの日常・BMW R1200Rと共に

シニアライダーの日常と記憶、愛車BMW R1200Rと行くツーリングの記録。

阿蘇二日目、神話の国高千穂と阿蘇の観光

一夜明けて、やはり雨模様の阿蘇

今回の主目的である墓参りは昨日のうちに済ませましたので、今日は観光の日です。というより墓参りを理由にして年1回は阿蘇に集まろうよ、というのが本来の趣旨だと言えるかもしれません。
阿蘇に来たからにはやはり阿蘇山には登ろうと思っていましたが、下から見てもすっかり雲に隠れていて眺望も無さそうなので、阿蘇山へは明日帰る前に登ることとして高千穂に向かうことにしました。前日も天気は悪かったのですが、下の写真程度は見えていましたので前日の内に登っておけばよかったです。

 

f:id:k0013293:20191020162300j:plain

f:id:k0013293:20191020162321j:plain

 

ご覧のように結構な噴煙が上がっており、登っても今は火口までは行けません。

阿蘇には幼い頃から何度も来ていますが、高千穂は初めてです。
四国でいた幼い頃には、関西汽船という、瀬戸内海で当時の豪華客船(むらさき丸や、くれない丸という客船がありました)を定期運航している会社の船で高松から別府へ渡り、そこから当時できたばかりの有料道路やまなみハイウェイ(今は無料化され、ここもライダーの聖地です)を通るハイウェイバス阿蘇に入るのがコースでした。ですから別府温泉は経由地でもありおなじみですが、その他の有名地、湯布院(由布院という言い方もありますがどちらが正しいんでしょう?)や国東半島、高千穂などには寄ったことがありませんでした。

意外と近くて、一時間強で行けるのですが、途中濃い霧で視界が全く利かないところもあり、この日は少し時間がかかりました。
まずは高千穂神社です。日本神話の日向三代(皇室が日向にあった時代の、天照大神の二代後から三代=神武天皇の祖先三代)が祭られているそうです。

 

f:id:k0013293:20191020170501j:plain

f:id:k0013293:20191020170433j:plain

f:id:k0013293:20191020170554j:plain

f:id:k0013293:20191020170621j:plain

 

源頼朝の代参で来た何某が植えたという杉の巨木等もあり、さすがに歴史を感じます。そこから高千穂峡に向かいます。

 

f:id:k0013293:20191020170922j:plain

f:id:k0013293:20191020170953j:plain

 

ここまでは雨といっても普通の降りだったのが、途中から土砂降りになってきました。我々も傘が役立たないほどで裾はびしょぬれになりましたが、写真のボートの人たちはもっと気の毒でしたね。
次の天岩戸神社は最初から土砂降りで、参拝もそこそこに退散しましたので写真はありません。せめて天岩戸は見たかったですが、大きな川の対岸から拝む形となるようで、それでもだいぶ歩く必要があるとのことで、高齢の叔父叔母にかこつけてすぐにクルマに戻りました。

そこから阿蘇に引き返しましたが、昼すぎまでには十分帰れそうなので、阿蘇でこれも名物のあか牛ステーキを食べることにしました。何と最高齢84歳の叔母のリクエストです。前日昼食を食べた「あそ路」のそばの「阿蘇あか牛肉専門店 緑の資産 レストランロッソ」ですが、以前ここの阿蘇バーガーを食べたことがあり、ステーキも売り物だったのを覚えていました。阿蘇のあか牛肉の直売所でもあり、レストランはステーキ中心のシンプルなメニューです。
このあたりは乙姫という地名なのですが、海もない阿蘇の外輪山の内側で、何故乙姫という地名があるのか以前から不思議でした。この機会にちょっと調べてみると、もともと乙姫は弟姫から転じた言葉で、竜宮城の乙姫様が全てと言う訳ではないそうです。
昔この地方で子供の疫病が流行したとき、美しいお姫様が表れ、私が守ってあげましょうと言って姿を消したという言い伝えから、そのお姫様を祭る乙姫神社が建てられ、それが地名の由来ということです。

そこからちょっと視界が開けてきたので、眺望の名所大観峰に登りました。着いたときは霧に閉ざされ何も見えませんでしたが、風で霧が流れて時々外輪山の内側が姿を見せてくれました。
その後、阿蘇神社にお参りしてこの日は宿に帰りました。

f:id:k0013293:20191020175541j:plain

f:id:k0013293:20191020175603j:plain

f:id:k0013293:20191020175635j:plain

f:id:k0013293:20191020175710j:plain

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

プライバシーポリシー お問い合わせ