シニアライダーの日常・BMW R1200Rと共に

シニアライダーの日常と記憶、愛車BMW R1200Rと行くツーリングの記録。

コーヒー用具のこと:自宅で、アウトドアで

 

先日、コーヒーのことを書きましたが、今回は自宅で、また戸外でコーヒーを淹れる時に使っている器具について紹介しようと思います。

 

まずは自宅ですが、時間がないときは豆挽きからコーヒーの抽出までコーヒーメーカー任せです。

 

f:id:k0013293:20200718205217j:plain

こんなタイプですが、今は下の全自動式にモデルチェンジしていて、更に手間いらずとなっています。

 

 

時間があるときは、手動式のミルで豆から挽き、ペーパー式のコーヒードリッパーで淹れています。最初に豆を挽いたときと、豆を膨らませる時の香りが何とも言えず、これはコーヒーメーカーでは味わえない良さですね。ただこのハリオのミルはハンディタイプで一度に2人分しか挽けませんので、数人分なら何回かに分けて挽く必要があります。元々ソロツーリング用に買ったもので、それまではコーヒーメーカーのミルを使っていましたが、電動でガーッと挽くのはちょっと味気なくて、自宅用の手動ミルを物色中です。

 

 

 そしてアウトドアでは、上の写真のハンディミルで豆を挽き、下の写真のようにチタンマグをヤカン代わりにして、コーヒーバネットにペーパーフィルターをセットして淹れたコーヒーを、シエラカップで飲んでいます。この時はコーヒーセットを忘れて、モンカフェを途中のスーパーで買いました。
ストーブはコールマンのピーク1ですが、ガソリンストーブは微妙な火加減が難しいので、このほか調理用には通称「茶ピーク」ツーレバーを持っています。

 

 

f:id:k0013293:20200718211548j:plain

 

 

また日帰り等で本当に荷物を少なくしたい時には、ガソリンストーブの代わりにエスビットのストーブを持って行きます。エスビットと言えば下のミリタリーストーブが定番ですが、へそ曲がりの私は、上の写真のステンレスストーブを愛用しています。分解すれば厚さは5mm程度で、CD一枚を持ち運ぶ位のコンパクトさです。また固形燃料はエスビット専用品は煤が結構出るので、私は旅館の一人鍋等でお馴染みのカエンという固形燃料を使っています。またこのセットはとてもコンパクトですが風には弱いので、風防は必須です。

 

Esbit(エスビット) ステンレスストーブ CS75S
 
新型コロナの影響もあり長梅雨の影響もありで、すっかりキャンプはおろかコーヒーツーリングにも行けていませんが、のんびり戸外で飲むコーヒーは格別ですので、早く行けるようになって欲しいです。
その時までは私自身の気力、体力も温存しておかなければなりません。
プライバシーポリシー お問い合わせ