シニアライダーの日常・BMW R1200Rと共に

シニアライダーの日常と記憶、愛車BMW R1200Rと行くツーリングの記録。

愛車R1200R、期限延長して2回目の車検

 

本来であれば、4月21日が2回目の車検期日だった我が愛車R1200Rですが、新型コロナウィルスの感染拡大によって、2月28日以降に車検期日が到来する車両は、一律6月1日まで車検期日が延長可能となりました。

 

www.boon-senior.com

 

私が4月初めにこの制度での車検延長を申し込んだ時には、まだまだ通常営業の雰囲気だったディーラーも、その後緊急事態宣言の発令を受けて、営業中止こそしなかったものの、営業時間短縮したりゴールデンウィーク中は休業としたりと、バイク業界にとってはかき入れ時なのに散々だったようです。

 

今は通常営業ということで、予定通り持ち込めることは確認できましたから、当日になって慌てないように、前の日の昼間、3カ月以上放置のエンジンがちゃんと掛かるのか試しに行ってきました。バイクを保管しているトランクルームは自宅から歩いて2~3分のところで、そもそも外に出る機会がめっきり減っていますし、出かけるときもクルマが多いですから、わずかの距離とは言え、久しぶりに晴れた空の下を歩くのはとても気持ちが良かったです。

 

付けっぱなしになっていたタンクバッグやシートバッグ、電源ソケットにつなぎっぱなしだった電熱ソックスのケーブル等を外し、エンジンをかけてみましたが、あっけないくらいに一発でエンジン始動です。流石インジェクション、昔のキャブ仕様ならこうはいかなかったでしょうね。でも最初はオイル混じりの白煙が凄くて、トランクルームの中で窒息しそうでした。アクセルをちょっとあおるとバックファイアがパンパンうるさいのもいつもはない現象ですが、たまに吹かしながらエンジンを回しているとすぐに白煙もおさまり、調子は安定しました。問題なさそうです。

 

f:id:k0013293:20200524212735j:plain

 

そして当日は、当初予定通りに家内にディーラーまでクルマで付いてきてもらい、帰りは乗せてもらうことにしました。まだできれば電車には乗りたくないというのもありますし、このディーラーは最寄駅から結構距離があり、歩いて帰るのもだるいなあと、、。
代車を用意してくれるといいんですが、ここには代車がないのです。私はこれまで代車はあって当たり前だと思っていたのですが、皆さんはどうなんでしょうね?
前日に引き続きこの日もとてもいい天気で、10km足らずのディーラーへの道も久しぶりのバイクで結構楽しめました。後ろに家内のクルマが付いてきていなければもっと自由に走れたのですが、これは致し方ありません。

 

ざっと車両を点検した後で出してもらった見積りはほぼ想定通りの内容で、予定外の部品交換等もありませんでしたから預けて帰ってきたのですが、ここで一つ私のミスがありました。
私は自動車税の納税等をペイジー(Pay-easy)を使ってやっていて、納付控えがありません。気にはなったので、一応調べてみると平成27年以降は車検に納税証明は不要となったと書いてありました。それで安心していたのですが、ディーラーの工場長曰く、バイクは別なんですと。〇〇さん2年前も同じ会話をしましたよね?と言われてしまいました。そんな会話したことも、同じように取り直して郵送(今回も帰りに市役所に寄って証明書をもらい、これも前回同様にもらってきた返信用封筒で投函しました、、、。)したことも、きれいに忘れています。この記憶力の減退には困ったもんです。

 

それにしてもペイジーのPRページでは、大々的に自動車税の支払いを勧めていて、車検時の証明書は不要となったので、ペイジー支払いがとても便利です!と謳っています。今見ても、バイクは除外、とはどこにも書いていませんが、別のページで、軽自動車、バイクは納税証明が必要、となってました。オンラインで確認できるから納税証明が不要となったのなら、軽自動車税だって同じなのではないですかね?いろいろ不審です。

 

 

 

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 バイクブログ シニアライダーへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

プライバシーポリシー お問い合わせ